オンラインカジノにかかわる様々な情報

世界中で人気となっているオンラインカジノ

オンラインカジノは、華やかなカジノゲームが楽しめる、ネットゲームとなります。
世界中で人気となっており、今や全世界に約8千万人以上のプレイヤーが存在しています。
アプリゲームとは違い、実際にリアルマネーを賭けることが出来ますし、勝てば大金が払い戻しされ、手元に現金が入ります。

パチンコやスロット、そして競馬とは違い、時間が365日24時間営業となっていますので、いつでも楽しむ事が出来て、かける金額やプレイ回数にも制限がないのが魅力です。
スロットやルーレットといったお馴染みのスタンダードなゲームもあれば、映画作品とのコラボゲームもありますし、ブラックジャックやビデオポーカーなど、頭脳戦のゲームも楽しめます。運次第で勝てるゲームもあれば、戦略を練って勝つゲームもあり、自分の好きなゲームでお金が賭けれるのも魅力です。
豊富なゲーム数があり、一つのオンラインカジノサイトに、数百種類ものゲームがあります。そのゲームの一つ一つが質が高く、グラフィックやサウンドが美しいのも魅力です。

オンラインカジノはイカサマなのか

オンラインカジノは、パソコンのソフトを利用するということもあり、イカサマが出来てしまうのではないかと疑問に思う方は少なくありません。
ラスベガスや、マカオなどのように、リアルで目の前でディーラーがシャッフルするわけではないので、こういったイカサマ、不正の印象を持つ方も多いです。
しかし、オンラインカジノは、多くのサイトが、政府から許可証であるライセンスを取得し、認定された上で運営されています。
その後も「イーコグラ」といった外部の監査機関から監査を受けているオンラインカジノは、公平性が確立されていますので、不正はあり得ないと考えて良いでしょう。

また、オンラインカジノだけではなく、そのソフトウェアについても、外部の監査機関からの監査が入ります。
プログラムの公平性などを監査されていますので、不正があれば、それらは公表されることになります。
今までに不正があったというデータはありませんし、オンラインカジノ側も、そもそも不正をしなくても儲かる仕組みが出来ていますので、不正をするメリットはないのです。大手のオンラインカジノで、これらの監査を受けているところは、問題なく安全に楽しめるといえるでしょう。

オンラインカジノとペイアウト率

オンラインカジノは、他のギャンブルよりも、ペイアウト率が高く、そしてハウスエッジが低いギャンブルとなっています。
ペイアウト率は、オンラインカジノによって前後するものの、95%ほどになっており、他のギャンブルと比較しても、圧倒的に高くなっています。
競馬やパチンコ、そしてスロットが70~80%程度であるということを考えると、とても高いです。
オンラインカジノは、それだけプレイヤーに還元される率が高いので、勝ちやすいと考えられています。

しかし、オンラインカジノが勝ちやすいといっても、あくまでもギャンブルであることを覚えておきましょう。けして確実に勝てるというわけではなく、負けが続いてしまうこともありますし、必ず勝てるものではありません。
オンラインカジノも、慈善事業をしているわけではなく、長く続ければ、必ず運営側が儲かる仕組みになっています。長期的に考えると、必ず少し損をしてしまうことになりますので、注意をしましょう。

オンラインカジノとギャンブル依存症

オンラインカジノの問題点として、ギャンブル依存症の問題があります。オンラインカジノは、勝ったとき、負けたときの差が激しく、快楽が大きいギャンブルです。このため、ギャンブル依存症に陥りやすいと考えられています。
また、オンラインカジノは、その性質上、入金がクレジットカードになります。目の前の現金がなくなっていく感覚がなく、つい限度額以上にお金を使ってしまうことも少なくありません。
ギャンブル依存症になってしまうと、自らの意思ではどうすることも出来ないので、家族の助けが必要ですし、専門機関での治療が必要となります。このため、ギャンブル依存に陥りやすいという方は、オンラインカジノには手を出さない方が良いといえます。

オンラインカジノとインカジ

オンラインカジノの問題点として、「インカジ」の存在があります。オンラインカジノは法律的にはグレーゾーンと考えられていますが、インカジは、これに対し、オンラインカジノがネットカフェのような店内で提供されており、金銭のやりとりもお店で行われています。換金が店内で行われているということで、胴元が日本国内にあるということになり、賭博罪に該当することになります。
こちらのインカジは、全国でも摘発が相次いでいて、訪れただけでも逮捕されてしまう可能性がありますので、注意をしましょう。
オンラインカジノそのものに違法性はないのですが、こういった違法店の存在が社会問題となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。