特に知名度の高い入出金手段の数々

オンラインカジノの資金調達法

オンラインカジノで遊ぶためには当然お金が必要になります。
ではそのお金はどのように準備すればよいのでしょうか?

オンラインであるため現金は当然使用できません。
インターネット上で使えるお金を用意することになります。
とはいえ、遊べるお金を用意すること自体ははそれほど難しいことではありません。
オンラインカジノで使用できるコイン等を購入すればよいのです。

インターネット上での購入という行為に関しては馴染み深いかたが多いでしょうし、クレジットカードやその他のサービスを使用することが可能です。
しかし稼いだコインを現金に換金するなると、使用できるサービスは限られてきます。
ではどのようなサービスを使用できるのかについて見ていきましょう。

エコペイズ

エコペイズはオンライン上で使用できる仮想通貨や電子マネーの決済サービスになります。
例えばオンライン上で使用できる通貨をエコペイズで購入し、その通貨を利用してインターネット上で買い物をします。
これだけのサービスであるならば類似サービスはたくさんありますが、エコペイズは払い戻しにも対応しています。
つまりオンライン上の通貨を、現金に換金できるというわけです。

また、換金サービスの中にオンラインカジノ上で使用できるコイン(通貨)が含まれています。
オンラインカジノ利用者からすれば、カジノで稼いだコインを現金に換金してくれる貴重なサービスとなるのです。
ただし手数料はかかるので、ある程度まとまった入出金をおすすめします。

安心なサービスであるのかどうか気になるところだと思いますが、エコペイズは世界150ヶ国以上で使用できる有名な電子決済サービスとなっており信頼もあります。
また日本語にも対応していますので安心して使用することが可能です。

注意点としては一度の出金に上限がある、入出金の反映が遅れることがある点です。
上限は必要書類等を提出すれば上げれる可能性があります。
入出金に関してですが、特に出金は即時反映は難しいです。
三日程度かかることが多いので入り用の場合は早めに出金指示を出しておきましょう。

アイウォレット

アイウォレットもエコペイズと同じくオンライン決済サービスとなります。
日本ではオンラインカジノの決済サービスはこの二社が人気で、インターネット上ではよく比較されています。
どちらを使用するかの判断は手数料などの料金の高さが判断基準になってくると思いますが、これは利用するオンラインカジノのサービスによっても違ってきます。
「当カジノではアイウォレットを使用すると入金手数料無料!」などの特典もあるので、自分が利用したいと思っているカジノのサービスをよく読み、判断材料にするとよいでしょう。

また出金手数料にに関してですが、一般的には少額であるならばエコペイズの方がお得、高額であるならばアイウォレットのほうが得と言われています。
両方のアカウントを作成しておくこともひとつの方法です。

また、この二社のサービスですが、コンビニATMなどで使用できるキャッシュカードを発行することもできます。
銀行からお金をおろすようにいつでも出金できので発行しておくと便利です。

ただこのカードですが、たびたび使用停止になったり発行停止になったりします。
理由はよくわかりませんが法に係る部分が強いのかもしれません。
そして再びカード発行再開!なんてニュースも目にしますので、そういうサービスのあるなしも判断基準のひとつにするとよいかもしれません。

ネッテラー

オンラインカジノの黎明期において、日本ではネッテラーが最も決済サービスとして使用されていたのではないかと思います。
しかしネッテラーは2016年に一度日本から撤退しています。
ネッテラーに代わり台頭してきたのがエコペイズやアイウォレットとなりますが、当時は出金ができなくなるなどのトラブルが相次ぎ、苦労したプレイヤーも多いかと思います。

決済する方法がなくなるかもしれないとも囁かれ、日本でのオンラインカジノ利用継続の危機でもありました。

しかしネッテラーは2018年に進化して日本に戻ってきました。
現在では再びサービスを再開しています。
ただしそれはオンライン決済サービスとしてであり、残念ながらオンラインカジノの入出金には現在対応していません。
運営に日本法人も関わっているようなので今後もサービス再開は厳しいとの見解です。

日本でもカジノ法案を通すなどの動きも見られますから今後法律が改正されればサービス再開の可能性もあるかもしれません。

クレジットカード

冒頭でも軽く触れましたが、使い慣れたクレジットカードでもオンラインカジノを遊ぶことはできます。
種類にもよりますので使用するサービスで使えるカードを確認しておくとよいでしょう。

ただし使用できるのはあくまで購入のみです。
換金には他のサービスを使用することになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。