裏カジノ、インカジ、カジノバー、オンカジはどれが違法でどれが合法?

日本国内でカジノのゲームをプレイしようと思えば、様々な方法があります。そしてそれらは違法なもの、合法なもの、グレーなものに分けられます。では、裏カジノ、インカジ、カジノバンカー、オンラインカジノそれぞれどのように法律的に見られているのでしょうか。今回の記事では解説していきます。

完全に違法なもの
日本国内でカジノのゲームを楽しむ場合、完全に違法になるのが裏カジノとインカジ(カジノカフェ)です。
裏カジノは、説明するまでもありませんが、アンダーグラウンドで行われる実際のランドカジノと同じゲームを楽しむ場です。日本はお金を賭けたゲームを行うこととは法律で禁止しているため、裏カジノ自体も違法ですし、そこでゲームをプレイしているプレイヤーも違法になります。
また、インカジ(カジノカフェ)と呼ばれる、客にオンラインカジノをプレイさせるインターネットカフェも実質的に客とのお金のやり取りを店が行っているため、賭博罪が成立し、違法になります。そのため、裏カジノやカジノカフェは過去に何度も摘発を受けています。

合法なもの
日本国内でカジノのゲームを行う場合、合法なものはカジノバーです。カジノバーは、その名前の通り、バーの中にカジノを楽しむ設備が設置されており、チップを購入することによって、それらのゲームをプレイすることができます。重要なのは、そのチップを換金することができないということです。チップが換金できないということは、現金を増やすことができないということになり、それはつまりギャンブルではないということです。
こういったカジノを「アミューズメントカジノ」と呼び、カジノバー以外にも、アミューズメント施設にある擬似カジノなどもこれにあたり、合法です。要は、「現金を増やすことが目的でなくゲームを楽しむことが目的であれば合法になる」ということです。

法律的にグレーなもの。
日本国内でカジノのゲームを楽しむ場合、法律的にグレーなものがオンラインカジノです。オンラインカジノの場合、プレイヤーが日本国内にいたとしても、そのゲームを行うサイトのあるサーバーが海外に存在し、決済を行う決済会社も海外に存在することになります。そのため日本国内の賭博罪が適用される前提となる賭場を開帳している人物と賭博を行っている人物の双方の違法性が成立しないということになります。賭博罪という法律が作られた段階で、このようなインターネットを利用したギャンブルというものが想定されていなかったため、オンラインカジノを行う場合の法律というものが現時点ではまだ整理されていないのです。そのため合法でも違法でもなくグレーであると言えます。

まとめ
このように、日本国内でプレイすることができるカジノゲームには合法のものと違法のものが存在します。
確実に違法となる裏カジノやカジノカフェの利用は控え、カジノのゲームで遊びたい場合は、アミューズメントカジノを利用すると良いでしょう。また、お金を賭けたギャンブルとしてのカジノゲームを楽しみたい場合は、大手のオンラインカジノに登録し、海外の決済会社を経由した入金と出金を行うゲームをすると良いでしょう。